日本留学へのお問合せ

東京都三鷹市新川5-14-16
TEL:0422-48-5591
FAX:0422-46-5107
MAIL:b_nagae@aacf.or.jp
受付時間
平日9:30~18:00

アジア・アフリカ文化財団|専門学校アジア・アフリカ語学院|アジア・アフリカ図書館 > 日本留学 > 募集要項(日・中・韓)

募集要項(日・中・韓)

〔1年コース〕募集要項
1.入学資格

出身地域
資 格
中国大陸
● 通常の学校教育課程12年以上を修め、かつ大学入学資格があり、18歳以上の者。
● 日本の大学学部、大学院、専門学校進学を希望する者。
台湾,香港,韓国 ● 通常の学校教育課程12年以上を修め、かつ大学入学資格があり、18歳以上の者。

 

2.募集人員
4月入学  50名(定員になり次第締め切ります)

3.修業年限
1年

4.出願受付
(1)願書受付期間
9月上旬~翌年1月下旬

(2)書類提出先
住所:181-0004日本国東京都三鷹市新川5-14-16
窓口:専門学校アジア・アフリカ語学院 日本語学科
TEL:(0081)422-48-5591(直通) FAX:(0081)422-46-5107

(3)受付時間
10:00am~5:00pm(月曜日~金曜日)
*なお土曜日、日曜日、祝日は事務の取扱いを休止いたします。

5.経費

費 目
金 額
注 意 事 項
選考料
20,000円
出願時に納入して下さい
入学金
70,000円
入学を認められた時に納入して下さい
授業料
680,000円
入学許可をもらった時に全額納入して下さい
合 計
770,000円
学費は一括納入して下さい

①教科書代等は1年間40,000円程度別途必要です。
②選考料は選考結果に係わらず返還しません。
③「在留資格認定証明書」不交付の場合は、納付された入学金・授業料を返還します。
④ビザ(査証)発行拒否により来日できない場合は、納付された授業料を返還します(入学金は返還しません)。
⑤上記②~④を含め、納付金の取扱は日本語教育振興協会のガイドラインに準じます。

 6.選考方法と合格発表

出身地域
選考方法と合格発表
中国大陸
提出された書類並びに面接・基礎学力テストの結果によって選考を行う。
選考結果は本人宛に書面をもって通知する。
台湾,香港,韓国 提出された書類によって選考を行う。選考結果は本人宛に書面をもって通知する。

 

 

〔1年半コース〕募集要項
1.入学資格

出身地域
資 格
中国大陸
● 通常の学校教育課程12年以上を修め、かつ大学入学資格があり、18歳以上の者。
● 日本の大学学部、大学院、専門学校進学を希望する者。
台湾,香港,韓国 ● 通常の学校教育課程12年以上を修め、かつ大学入学資格があり、18歳以上の者。

 

2.募集人員
10月入学  30名(定員になり次第締め切ります)

3.修業年限
1年半

4.出願受付
(1)願書受付期間
4月中旬~8月中旬
(2)書類提出先
住所:181-0004日本国東京都三鷹市新川5-14-16
窓口:専門学校アジア・アフリカ語学院 日本語学科
TEL:(0081)422-48-5515 FAX:(0081)422-46-5107
(3)受付時間
10:00am~5:00pm(月曜日~金曜日)
*土曜日、日曜日、祝日は事務の取扱いを休止いたします。
*郵送による提出は一切受け付けません。

5.経費

費 目
金 額
注 意 事 項
選考料
20,000円
出願時に納入して下さい
入学金
70,000円
入学を認められた時に納入して下さい
授業料
1,020,000円
入学許可をもらった時に全額納入して下さい
合 計
1,110,000円
学費は1年毎に一括して納入して下さい

①教科書代等は45.000(1.5年分)程度別途必要です。
②選考料は選考結果に係わらず返還しません。
③「在留資格認定証明書」不交付の場合は、納付された入学金・授業料を返還します。
④ビザ(査証)発行拒否により来日できない場合は、納付された授業料を返還します(入学金は返還しません)。
⑤上記②~④を含め、納付金の取扱は日本語教育振興協会のガイドラインに準じます。

 6.選考方法と合格発表

出身地域
選考方法と合格発表
中国大陸
提出された書類並びに面接・基礎学力テストの結果によって選考を行う。
選考結果は本人宛に書面をもって通知する。
台湾,香港,韓国 提出された書類によって選考を行う。選考結果は本人宛に書面をもって通知する。

 

 

〔2年コース〕募集要項
1.入学資格

出身地域 資 格
中国大陸 ● 通常の学校教育課程12年以上を修め、かつ大学入学資格があり、18歳以上の者。
● 日本の大学学部、大学院、専門学校進学を希望する者。
台湾,香港,韓国 ● 通常の学校教育課程12年以上を修め、かつ大学入学資格があり、18歳以上の者。

 

2.募集人員

4月入学  15名(定員になり次第締め切ります)

3.修業年限
2年

4.出願受付
(1)願書受付期間
9月上旬~翌年1月下旬
(2)書類提出先
住所:181-0004日本国東京都三鷹市新川5-14-16
窓口:専門学校アジア・アフリカ語学院 日本語学科
TEL:(0081)422-48-5515 FAX:(0081)422-46-5107
(3)受付時間
10:00am~5:00pm(月曜日~金曜日)
*土曜日、日曜日、祝日は事務の取扱いを休止いたします。
*郵送による提出は一切受け付けません。

5.経費

費 目 金 額 注 意 事 項
選考料 20,000円 出願時に納入して下さい
入学金 70,000円 入学を認められた時に納入して下さい
授業料 1,360,000円 入学許可をもらった時に全額納入して下さい
合 計 1,450,000円 学費は1年毎に一括して納入して下さい

①教科書代等は40.000(1年分)程度別途必要です。

②選考料は選考結果に係わらず返還しません。
③「在留資格認定証明書」不交付の場合は、納付された入学金・授業料を返還します。
④ビザ(査証)発行拒否により来日できない場合は、納付された授業料を返還します(入学金は返還しません)。
⑤上記②~④を含め、納付金の取扱は日本語教育振興協会のガイドラインに準じます。

6.選考方法と合格発表

出身地域 選考方法と合格発表
中国大陸 提出された書類並びに面接・基礎学力テストの結果によって選考を行う。
選考結果は本人宛に書面をもって通知する。
台湾,香港,韓国 提出された書類によって選考を行う。選考結果は本人宛に書面をもって通知する。

 


提出書類

1.「出願者」に関わる書類一覧

書 類
記入上の注意事項
中国
大陸
台湾
香港
韓国
入学願書 (1)本人直筆、写真貼付、氏名はパスポ-トに記載している氏名と必ず一致
させて下さい。
(2)学歴欄の学校名、入学と卒業の年・月は、卒業証明書等公的書類と必ず
一致させて下さい。
履歴書 (1)(2)同上
(3)留学理由、来日して学習したい理由及び修了後の予定を具体的に書いて
下さい。
卒業証書 卒業証書原本を提出して下さい。
在学中の者は在学証明書または卒業見込証明書を提出して下さい。
日本語能力証明書 日本語能力試験4級以上、またはJ-TestのE-F級以上の合格証書、または
4級相当以上の日本語能力を有することを証する資料を提出して下さい。
×
居民戸口簿の写し
または戸籍謄本
中国の学生は、申請者本人の現在の学歴及び職業が記載された中国公安
部門発行の「居民戸口簿」の写し。原本の確認が必要です。台湾・韓国の
場合は戸籍謄本を 提出してください。
旅券の写し 身分事項の部分をコピーのこと。
出願時にまだ発給を受けていない場合は不要。
写真 8枚。縦4cm×横3cm、正面、無帽、3ヶ月以内に撮影したもの。
裏面に国籍、氏名及び生年月日を記入して下さい。

①過去に入国管理局へ在留資格認定証明書の交付申請を行ったことがある場合は必ず申し出てください。
②出願書類について、後日虚偽の事実が発見された場合は、直ちに入学を取消します。
③出願書類に不備(書類不足、記載事項の記入、捺印漏れ等)、がありますと、出願の受付ができません。
④必要に応じ「その他参考となるべき資料」を求められる場合があります。

 

2.「経費支弁者(*注)」に関わる書類

支弁者区分 書 類 記入上の注意事項 中国
大陸
台湾
香港
韓国
親族が海外送金より
支弁する場合
経費支弁書 経費支弁者が経費支弁をするに至った経緯を当校所定の 用紙に自筆で記入して下さい。
支弁者名義の預金残高証明書 銀行発行の日本円また米ドルまたは本国通貨の預金残高証明書を 提出してください。
普通預金通帳の写し 経費支弁の資金形成の経緯が分かる預金通帳のコピー が必要です。 ×
収入証明書 過去3年程度の収入を証明できる在職先、または 公的機関発行の収入証明書を提出してください。 ×
納税証明書 支弁者が個人経営者の場合は必要です。 ×
居民戸口簿の写しまたは戸籍謄本 中国出身の支弁者の場合は現在の学歴及び職業が記載された中国公安 部門発行の居民戸口簿全ページの写し。原本の確認が 必要です。台湾、韓国の場合は戸籍謄本を提出してください。
在職証明書 必ず在職期間、職務を明記して下さい。
個人営業の方は、事業に従事していることが証明できる 資料(営業許可書、税務登記証等)を提出して下さい。
親族関係公証書 公証処から発行した申請者と支弁者との親族関係を立証 する公証書が必要です。 ×
日本にいる親族が
経費を支弁する場合
経費支弁書 経費支弁者が経費支弁をするに至った経緯を当校所定の 用紙に自筆で記入して下さい。
在職証明書または法人登記簿 会社員の場合は在職証明書を提出してください。
会社経営の方は法人登記簿謄本を提出してください。
納税証明書 支弁者の所得金額の記載がある納税証明書を提出して ください(過去3年分)。 ×
預金残高証明書 銀行または郵便局などの金融機関が発行したもの。
普通預金通帳の写し 入出金の経緯が分かる普通預金通帳のコピーを提出 してください。 ×
住民票または外国人
登録証明書
日本人の場合は世帯全員記載の住民票、外国人の場合 は外国人登録原票記載事項証明書を提出して下さい。
親族関係公証書または戸籍謄本 申請者と支弁者との親族関係を立証する 「親族関係公証書」を提出してください。台湾・韓国の場合は「戸籍謄本」を提出して下さい。

*注 経費支弁者は入学者の在籍期間中に学費・生活費など金銭上の責任、又は進学や一身上の諸問題等で問題が生じたときにも一切の責任を負う。経費支弁者が日本にいる場合は原則として東京都内又はその近郊に居住する、収入の安定した独立生計者であること。


手続きの流れ

◇入学志願者
↓入学願書を送付
◆アジア・アフリカ語学院日本語学科
出願書類審査・面接・基礎学力テスト▼選考結果通知

◇入学志願者

↓出願書類一式送付

◆アジア・アフリカ語学院日本語学科

在留資格認定証明書交付申請▼

●東京入国管理局

在留資格認定証明書交付▼

◆アジア・アフリカ語学院日本語学科

学費納付(\770,000)納入▼在留資格認定証明書

送付、入学許可証発行

◇入学志願者

留学ビザ発給申請▼

○在外日本大使館

留学ビザ発給▼

◇入学志願者入国