技能実習生の受入のお問合せ

東京都三鷹市新川5-14-16
TEL:0422-43-0536
FAX:0422-46-5107

アジア・アフリカ文化財団|専門学校アジア・アフリカ語学院|アジア・アフリカ図書館 > 技能実習生の受入れの御案内 > 制度の概要

制度の概要

入国から帰国まで、実習期間は3年間

技能実習生は受入れ企業様と雇用契約を結んだ上で、技能の習得、習熟を目指し実習を行います。1年目は、最初に1ヶ月間の講習(日本語教育など)を受講し、受入れ企業様の現場で実習に入ります。その後、技能検定試験に合格するなど一定の条件を満たした実習生は、引き続き受入企業様において技能の習熟を目指し実習を継続します。この期間は2年間です。したがって実習期間は最長3年間となります。

 

受入れ方式

受入れ機関の別により次の二つのタイプがあります。

(1) 企業単独型

受入れ企業が海外の現地法人、合弁企業や取引先企業の職員を受け入れて技能実習を実施します。

(2) 団体監理型

商工会や中小企業団体等営利を目的としない団体が技能実習生を受け入れ、傘下の企業等で技能実習を実施します。

 

当法人は「団体監理型」における実習生の受入れ団体です。海外の信頼のある送出し機関と提携し、人材を集めるところから、入国に係る様々な手続き、基礎的な日本語教育等事務的な手続き全般を当法人が行うことで、企業様は実習そのものに集中することができます。