アジア・アフリカ文化財団|専門学校アジア・アフリカ語学院|アジア・アフリカ図書館 > 2011 > 3月

2011年度4月期の授業開始時期の変更に関して

1.2011年度4月期の授業開始時期の変更 

行 事 

当 初 

新スケジュール 

オリエンテーション

4/4(月)~4/7(木)

4/18(月)~4/22(金)

入学式

4/8(金)

5/6(金)予定

授業開始

4/11(月)~

4/25(月)~

※ 授業第一週(4/25~4/28)は、終日授業ではなく、午前のみの授業を計画しています。

 

2.対象となる学科ならびに生徒

日本語学科新入生(46期)ならびに同学科在校生(44期、45期)

 

3.延期した分の授業の振替方法

夏季休暇(8月)を短縮して授業を行います。

 



土曜コース語学講座 休講のお知らせ

 

土曜コースご受講の皆様へ

 

3月11日(金)に発生した地震の余震、並びに計画停電を考慮し、明日3月19(土)に実施予定の講座につきまして休講いたします。

 

振り替え授業は4月2日(土)、同9日(土)に開催予定です。詳細は後日改めてご案内申し上げます。

 



学院の地震対応状況と電力不足による計画停電に関して

 

東北地方太平洋沖を震源とする地震」によって日本中が電力不足に陥っており、東京都内でも本日より地域別、時間帯別に電力の供給が停止する事になりました。(本日、学院周辺地域におきましては18:20~22:00)

 

また、今回の地震に関する学院の対応に関しましては、財団(学院)ホームページにて対応状況を告知いたしますので、ご確認をお願いいたします。

 

アジア・アフリカ語学院事務局

 



3/13(日)は休業のため事務局での電話受付は行いません。| 明天三月十三日學校休息,電話聯絡不可,敬請理解。 |3월 13일(일)은 학교 사무국의 휴업으로 전화접수는 받지 않습니다.

3/13(日)は休業のため事務局での電話受付は行いません。

3 13() 학교 사무국의 휴업으로 전화접수는 받지 않습니다.

明天三月十三日學校休息,電話聯絡不可,敬請理解。



地震による被害は発生していません |此次地震沒有給學校和學生造成損害 |지진에 의한 피해는 발생하지 않았습니다.

関係各位 

昨日3/11(金)、東北地方で大きな地震が発生し、三鷹でも大きな揺れを感じました。
いまのところ、学校施設に被害はありません。
また、教職員、学生からも被害の連絡はありません。

 

各位 

經確認,到目前為止,學校的所有設施沒有損害的情況發生。 

教職員工,學生也沒有該方面的情況報告。所有學生都有電話進行過安全確認。

明天三月十三日學校休息,電話聯絡不可,敬請理解。

 

관계자 여러분께

3 11() 동북지방에서 거대한 지진이 발생함으로 인해 미타카시도 크게 흔들리는 영향을 받았습니다. 현재 학교시설의 피해는 없으며, 교직원과 학생들로부터도 피해관련 연락은 없습니다.

 


専門学校アジア・アフリカ語学院事務局



土曜コース語学講座 中止のお知らせ 

土曜コースご受講の皆様へ

3月11日(金)に発生した地震の影響を考慮し、3月12(土)に実施予定の講座につきまして開催を中止いたします。



日本語学科 自由選択科目「作品制作」

1月から始まった自由選択科目「作品制作」。出来はともかく(!?)、日本で見つけた題材をもとに、マンガ、写真集、エッセイなどの作品を制作し、出来上がった作品を学校のHPに掲載しよう!と集いました。初めは、「皆で一つのものを作り上げたい」という気持ちが強かったのですが、わずか6週間という短い制作期間の中では難しいだろうと断念し、個人制作に。作品完成後の感想として、「大変だったけど、やってよかった。」「もっと時間があれば・・・」と、充実感と少し悔しさが残ったというのが制作者4人の共通の想いだったようです。

 

●作品紹介●(タイトルをクリックすると作品へのリンクが開きます)

作品No.1 「アジア・アフリカ語学院を紹介しよう!」(マンガ)

卒業する前に、いい思い出を残そうと思う気持ちで描きました。とても楽しく作業させてもらいました。

<金道淵(韓国)>

 

作品No.2 「異文化」(エッセイ)
作品No.3 「異文化」(マンガ)

日本で生活しているのに、日本の文化を知らないというのはとても残念なことです。

ですから、できるだけ、留学生の皆さんに少しでも日本の文化を伝えられたらと思いました。

<グェン レ フォン ハン(ベトナム)>

 

作品No.4 「三人のおじさんの遊び」(マンガ)
(普通のマンガとは異なり、左上から始まります。)

この漫画は自分の経験に基づいて、笑える漫画のネタを加えて仕上げた作品です。

下手ですが、生涯初の漫画の作品なので、どうぞよろしくお願いします。

<楊 堯典(台湾)>

 

作品No.5 「喬のプロジェクト」(写真)

作品を制作する時、いろいろな材料を選んだり、公園で写真を撮ったりして、本当に楽しかったです。

でも、入学試験が近付くにつれて、時間がだんだん厳しくなって、作品を作る時間が少なくなってしまいました。それで、最終的にできた作品はたくさん欠点が残っています。ですから、もし、機会があれば、今度は必ず必死にやりたい と思いました。それでは、お楽しみください。

<喬 俊南(中国)>

(2011.3.9 日本語学科専任講師 多胡純子)

 



2010年度 日本語学科スピーチコンテスト

2011年2月10日(木)、武蔵野公会堂において2010年度のスピーチコンテストが開かれました。一年半コース(中上級)から16名、一年コース(中級)から6名、また昨年10月に入学したばかりの初級クラスからも2名の代表が選ばれ、日本語でスピーチを行いました。

 

一位は上級クラスの白さん(韓国)「村上春樹のマラソン」、二位は中級クラスの李さん(韓国)「味を楽しみましょう」、三位は中級クラスのニュンさん(ベトナム)「プレゼント」でした。ニュンさんの「プレゼント」は、病気になって、自分の周りの大切な人は神様からのプレゼントだと気づいたという内容で感動的でした。李さんの「味を楽しみましょう」は日本人の食に対する情熱を、身振りや表情も交えて説明し会場を沸かせました。白さんは、人気の村上春樹が一日も休まず走って体を鍛えていることを紹介し、頑張ることの大切さを訴えました。

 

2011_02_スピーチコンテスト決勝 009.jpg2011_02_スピーチコンテスト決勝 075.jpg2011_02_スピーチコンテスト決勝 123.jpg2011_02_スピーチコンテスト決勝 140.jpg

 

2011_02_スピーチコンテスト決勝 109.jpg2011_02_スピーチコンテスト決勝 051.jpg2011_02_スピーチコンテスト決勝 122.jpg2011_02_スピーチコンテスト決勝 161.jpg

他にも、日本の食文化、お笑い、オタクと引きこもり、など様々な日本文化についての考察や、日本社会や日本人の言動を実によく見ていると感じるスピーチがたくさんあり、日本語力の向上とともに、学生たちの見る目の確かさや、考えの深さを改めて感じました。

■優秀賞 李彦尚(LEE EON SANG)

■最優秀賞 白鎭碩(BACK JIN SOK)

(2011.03.08 日本語学科主任講師 長谷川公江 )

 



「アジアのことば体験講座」受講生募集中!!中国語、インドネシア語、アラビア語、ヒンディー語、韓国語、ベトナム語

「アジアのことば体験講座」

2011年4月開講!アジア・アフリカ語に触れてみませんか。

今春”三鷹ネットワーク大学(三鷹駅前)”にて体験語学講座を6講座開催いたします(中国語、インドネシア語、アラビア語、ヒンディー語、韓国語、ベトナム語)本講座では各言語の未習者を対象に基礎から学びます。

・日程:4月9日
・時間(午前クラス)10:00~12:00 中国語、ヒンディー語、ベトナム語
・時間(午後クラス)13:00~15:00 インドネシア語、アラビア語、韓国語
・定員:各語20名
・受講料:500円
・会場:三鷹ネットワーク大学

詳しくは 「アジアのことば体験講座」のページをご覧下さい