アジア・アフリカ文化財団|専門学校アジア・アフリカ語学院|アジア・アフリカ図書館 > ブログ更新情報 > 学院関連 > 尺八の演奏 

尺八の演奏 

自由選択授業で「尺八」を教えていただいている内野剣山先生のお宅で、お弟子さんたちの「おさらい会」が開かれました。昨年度教えていただいた金さんと、一昨年教えていただいた粘さんが参加し、お弟子さんたちと一緒に尺八の演奏を披露しました。二人とも「自由選択授業」の終わった後も、ずっとお稽古をしていただいていました。粘さんは今春神戸大学の大学院に進学しましたが、この日は新幹線の日帰りで駆けつけました。

演奏は琴、尺八だけでなく、三味線、またフルート、最後はピアノまで合わせての合奏となりました。金さん、粘さんの二人は三曲を演奏しました。

演奏の後は、内野先生の息子さんが朝から準備した手打ちそばや、天ぷら、から揚げ、先生手作りの水ようかんなどのご馳走が並び、みんなで楽しくいただきました。内野先生、本当にありがとうございました。


DSCF琴と尺八.JPG DSCFピアノも合わせて.JPG DSCF演奏の後で.JPG

2011.07.17 日本語学科主任講師 長谷川公江