アジア・アフリカ文化財団|専門学校アジア・アフリカ語学院|アジア・アフリカ図書館 > ブログ更新情報 > 図書館関連 > 第21回アジア・アフリカを知る集い「イスラーム金融へのアプローチー利息をとらない金融とは?-」続編 まとめ

第21回アジア・アフリカを知る集い「イスラーム金融へのアプローチー利息をとらない金融とは?-」続編 まとめ

第21回アジア・アフリカを知る集い「イスラーム金融へのアプローチー利息をとらない金融とは?-」続編が4月8日(日)に行われました。講師は前回と同じ日本証券業協会国際本部国際部部長の椎名隆一先生です。
 
前回の内容もふまえつつ、具体的なスキームにまで話が及び、有意義な2時間の講演会となりました。ここにまとめをしましたので、ご参考までにお読みください。
 
イスラームの金融は、シャリーア・コンプライアントな金融と言われます。シャリーアとは人々の日常生活や経済活動を規定する教義のことで、シャリーア・コンプライアントとはイスラームの教えに忠実であるということを表しています。
 
イスラーム金融の中核的原理として、以下のものがあげられます。
 
・利息(リバー)の禁止

・不明瞭性の禁止

・投機の禁止(ギャンブル、空売りなど)

・クルアーンの教えに反する事業(豚肉、アルコールなど)への投資の禁止

・損益分担の原則(profit & loss sharing:PLS)

・実態取引の裏付け など。
 
現代イスラーム金融は1970年代に本格的な展開が始まりました。現在は年15%~20%の成長率で市場規模は1.3兆ドル=100兆円くらいだということです。また、ムスリム(イスラーム教徒)は、成長力の高い東南アジアから中東・アフリカ地域一帯に広がっているため、今後、同地域の経済活動の発展とともにムスリム人口も増加することが予想され、イスラーム金融へのニーズもますます拡大する見通しとのことでした。
 
イスラーム金融の内容は、リテール・ニーズを背景としたものが全体の3/4で、その他にはスクークと呼ばれるイスラーム債券やファンドなどがあり、シャリーア解釈が柔軟であるマレーシアには多様な金融商品が見られるそうです。イスラーム金融は、20世紀半ばから顕著となったイスラーム復古へのモメンタムと、オイルマネーに象徴される富の蓄積に支えられて発展してきたと言われます。因みに、中東諸国だけで石油埋蔵量の世界シェアは54.4%に及ぶそうです。
 
 
 
講演の後半では、イスラーム金融の基本的な取引スキームについて説明がありました。投資損益分担契約型のムダーラバとムシャーラカ、商品取引契約型のムラーバハについて説明がありました。
 
 
 
・ムダーラバ
二人の当事者の一方が資金を提供し、他方が労働・ノウハウを提供して共同事業を行い、利益を分け合うパートナーシップ契約。シャリーアの規範に沿った最も望ましい取引形態とされる。いわゆる「ムダーラバ・コンセンサス」。(なお、損益分担ではなく、利益のみシェアし、損失は資金の出し手が負担)
 
・ムシャーラカ
ムダーラバと同様、損益分担の考え方に基づく取引形態であるが、ムダーラバが利益のみ分担する(Profit Sharing)のに比べ、ムシャーラカは文字どおり損益分担(Profit & Loss Sharing)の形をとる共同出資スキームである。
 
・ムラーバハ
実物資産を売買するイスラーム金融取引の代表例で、コスト・プラス・セール(Cost Plus Sale)と呼ばれる。ムラーバハの応用としては、バイウ・アル・イーナというものがあり、これは同一対象物を元の売主に異なった価格で買い戻しさせる取引のこと。
 
ムラーバハは現金ニーズへの対応で、日系金融会社のマレーシア現地法人がダイアモンドを使って顧客に融資をする手法が例としてあげられました。これは、最初に顧客にダイアモンドを10ヶ月の無金利分割払いで販売し、ダイアモンドを即買い戻し現金を顧客に支払う契約締結をする手法です。無金利とはいえ、最初に締結した契約の分割払いのほうが結果的には二回目に受け取る現金より多いため、金融会社にはその差額がもうけとして入るということになります。マレーシアでは早くから行われていたスキームですが、シャリーア解釈の厳しい中東では取り入れられていません。
 
 
 
最後に、イスラーム金融成長の第二の要因であるイスラーム復古の流れについても詳しい説明があり、中東地域の複雑なアイデンティティの交錯の歴史について理解を深めることができました。
 
 
 
以上、簡単ではありますが講演会の内容をまとめました。いらっしゃれなかった方に少しでもお役に立てられれば幸いです。
 
(2012.4.18 アジア・アフリカ図書館 司書 佐藤万矢子)