アジア・アフリカ文化財団|専門学校アジア・アフリカ語学院|アジア・アフリカ図書館 > ブログ更新情報 > 図書館関連 > 「北京の郭沫若記念館から来客」

「北京の郭沫若記念館から来客」

12月7日、北京にある“郭沫若記念館”の副館長李焼虹さんと、同じく副館長である趙笑潔さんが来日し、当“沫若文庫”を訪問されました。お二人は,昨年の同じ時期にも来館されましたが、今回は二日間の余裕もあり、当館の収集資料をゆっくりと御覧になりました。また、当館では、財団理事長の菊地弘、常務理事の木村実季,図書館長の西江雅之、図書館司書の佐藤万矢子と共にひと時を過ごし、北京の郭沫若記念館と当館との今後の協力関係は如何にあるべきかということなどを、ざっくばらんに話し合う機会を持つことも出来ました。

DSC00887.jpg DSC00883.JPG

DSC00876.JPG DSC00879.JPG

 

  中国の著名な文人で、新中国を代表する政治家の一人でもあった郭沫若が、日本で亡命生活を送られた時期(1928~37)に行った研究の資料や当時の著作などが、当“沫若文庫”には収集されていますが、特に著作類には自筆で書き入れた手沢(しゅたく)本が多く含まれており、それらは学術上も大変貴重な資料とされています。来館なされたお二人は、それらの資料を丹念に見てまわり、必要な箇所をカメラに収めたり、ノートに記録したりして、大きな収穫が得られたことを大変満足して帰国なさいました。

お二人が、特に注目なされた書籍には、

 

kakumatujyaku_syomei.JPG

 

などの古代文字研究、および、掛け軸(自筆の書)が数点、ガラスケース中の胸像などがあります。

なお、当日は、九州大学大学院で郭沫若の研究を続けておられる岸田憲也さんが通訳としてお二人に同行して下さいました。

 

2010/12/17 アジア・アフリカ図書館館長 西江雅之